MENU

【完全保存版】栄養不足が白髪を招く?食事でできる白髪対策

 

白髪,栄養不足

 

白髪,飲み薬

白髪の原因は、遺伝やストレス、ホルモンバランスの乱れ、加齢などの他に栄養不足があげられます。私たちの体は私たちが食べたものからできていると言えますので、栄養が足りていないと髪も肌も体調も良い状態に保てません。

 

白髪染めは対処的な対策で1度染め始めるとずっと染め続けることになりますが、食事で体に栄養を補うことは白髪の根本的解決につながりますし、予防にもなる見通しの明るいものだと思います。

 

そこで白髪によいとされる栄養素やその栄養素を多く含んだ食材などを紹介していきたいと思います。

 

 

白髪予防・改善に欠かせない栄養素とは?

 

白髪をケアするのは、髪や頭皮自体が健康であることが大前提になります。そこで黒くツヤのある髪にするために不可欠なな栄養素をまずはご紹介したいと思います。

 

たんぱく質

 

髪の99%はケラチンタンパク質という複数のアミノ酸が結合してできたものから構成されています。このアミノ酸の中には、体内で作り出すことができない必須アミノ酸も含まれていますので、食事から補うことが必要となってきます。

 

特にシスチンはアミノ酸の中でも髪の中に1番多く含まれる成分なので、単独でサプリがあるほど注目をあびている成分です。

 

また必須アミノ酸フェニルアラニンから生成される非必須アミノ酸(体内で生成できる)のチロシンは、髪に色をつけるメラニン色素を生成するのに必要なアミノ酸です。

 

 

たんぱく質はなんといっても髪を作り出す主成分なので、不足すると髪が細く髪全体のボリュームがなくなる、髪にハリたツヤがなくなる、抜け毛が多くなるなど、髪に大きな影響がでてしまいます。

 

タンパク質をしっかり摂ることが髪だけでなく、私たちの体全体にとって特に大切になってきます。


 

たんぱく質を多く含む食品

 

白髪,飲み薬

たんぱく質を摂ることは必要ですが、中でも良質なタンパク質をとることが大切になってきます。そしてタンパク質を評価するものに「アミノ酸スコア」というものがあります。

 

このアミノ酸スコアは、必須アミノ酸の含有量とバランスで決められ、食事でしか摂取できない必須アミノ酸をバランスよく含むタンパク質は良質タンパク質といわれています。

 

そこでアミノ酸スコアの高い良質なたんぱく質食材をご紹介します!

 

食材

アミノ酸スコア

100

豚肉(ロース)

100

鶏肉

100

あじ(生)

100

牛乳

100

大豆

100

ヨーグルト

100

さけ

100

かれい

100

さけ

100

ベーコン

95

枝豆

92

豆乳

86

ブロッコリー

80

精白米

65

 

ミネラル

 

白髪,飲み薬

ミネラルの中でも白髪対策に特に必要となってくるのは、亜鉛とヨウ素、鉄、銅です。必須アミノ酸同様、ミネラルも体内では作り出すことができないため、食事から補うことが大切です。

 

亜鉛

髪に色をつける働きがあるメラニン色素は、チロシンというアミノ酸がチロシナーゼという酵素により変換されることで、メラニン色素になります。亜鉛はこのチロシナーゼ酵素の構成要素のため、亜鉛が不足すると髪に色がつかなくなると考えられているようです。

 

また白髪の原因である活性酸素の1つ過酸化水素を除去する働きや、不足すると頭皮や細胞の老化につながる成長ホルモンの分泌を高める働きもある、白髪にとって、とっても重要な栄養素です。

 

多く含まれる食品
牡蠣、牛肉、豚レバー、チーズ、たらこ、たまご

 

ヨウ素

メラニン色素をつくるメラノサイト細胞を活性化させる働きあるため、髪を黒くするためには必要な栄養素といわれています。

 

多く含む食品
ひじき、ノリ、こんぶ、わかめ、イワシ、さば、ぶり

 

メラニン色素を作り出すメラノサイト細胞の働きを調整する役割があり、銅が不足するとメラノサイトがうまく機能しなくなりメラニン色素をうまく作り出せなくなります。

 

多く含む食品
牛レバー、大豆、納豆、干しブドウ、にんにく、ごぼう、干しシイタケ、しめじなど

 

ミネラルは食事でとるしかない栄養素ですが、量だけでなくバランスも大事な栄養素なんです。亜鉛を摂りすぎると銅が減る、同を摂りすぎると亜鉛が減る、というように体内でバランスをとるようにできています。

 

そのため、海外の亜鉛サプリには必ず銅が含まれているなど工夫がされているようです。

 

 

量だけでなくバランスも大事になってくるなんて、食事で栄養を摂るってなかなか大変!


 

ビタミン

 

ビタミンは、栄養素の吸収や働きを調整するために欠かせないものですが、中でもビタミンB12、ビタミンEは白髪対策には大切になってきます。

 

ビタミンB12

ビタミンB12は、メラニン色素を生成するメラノサイト細胞を活性化させる働きがあるため、髪を黒くするためには必要な栄養素です。

 

多く含む食品
しじみ、すじこ、牛レバー、あさりなど

 

ビタミンE

髪まで栄養を運ぶのは血液です。その血液の流れが鈍ると髪まで栄養が届かなくなってします。ビタミンEは血行を促進する働きがあるため、食事から摂取した栄養素を髪まで届くようサポートすることができます。

 

また抗酸化作用もあるため白髪の原因となる活性酸を除去する効果もあります。

 

多く含む食品
緑茶、アーモンド、落花生、アボガド、かぼちゃ、キュイフルーツ、ウナギ、たらこ、木綿豆腐など

 

 

髪の健康を維持するための栄養素だけでなく、栄養素を髪に運ぶための血液の流れを促進するものや、細胞を作り替えるために新陳代謝を促進する栄養素など、トータルバランスをとることがとっても大切なんですね。

 

そう考えると今までの自分の食生活がいかに偏ったものだったのかわかります・・・。


 

栄養不足が白髪を招く理由

 

髪はケラチンというアミノ酸の一種で、もともと古いたんぱく質が新しいタンパク質にいれかわって捨てられた細胞がたまってできるもの、死んだ細胞の蓄積物なんです。

 

そして新陳代謝が活発な人ほど新しい細胞がどんどんつくられるので、髪や爪が伸びるのが早くなります。このように、ある一定のサイクルで新たな細胞を作り出すことで、髪を始め私たちの体はつくられています。

 

この新な細胞を作り出す材料になっているのが、私たちが口にする食べ物。私たちは自分が口にしたものでできあがっています。

 

でも食事で体に栄養を入れても、その栄養が使われる先には優先順位があるんです。そのため、心臓など命に係わる重要な器官から先に栄養がまわされ、髪や爪、肌など命にかかわらないものは後回し。

 

白髪の改善に不可欠な栄養素は先程ご紹介しましたが、それらの栄養を髪に使うためには十二分に栄養を摂る必要があるわけです。

 

効果的に栄養を補うには?

 

白髪,栄養不足

白髪を予防・改善するためには栄養が必要ということはわかりましたが、私自身は、自分の食生活を振り返って合格点がだせるか不安になりました。だって、現状の食生活のままでは不足があるため白髪になってしまったわけで・・・。

 

白髪を改善するには、今の食生活を変える必要がある、だけど問題は栄養の量だけでなくバランスも大切だということ。

 

栄養バランスは、「赤、白、黄、緑、黒」の5色を揃えれば良いといわれていますが、毎日の食事でそれを揃えるだけでも私にとっては面倒なこと。気持ちはあっても、それをやらなきゃという思いがストレスとなり逆に白髪を招きそう・・・。

 

そこで私はサプリで栄養を補うことを考えましたが、タンパク質、ビタミン、亜鉛、など個別に揃えていくとなると結構なお値段に。それに単独でとるとバランスってどうなのかなとも。

 

白髪,栄養不足

そんな疑問を感じているときに見つけたのが白髪サプリの黒フサ習慣。白髪の改善・予防に必要な栄養素が1粒にぎっしりつまったサプリなんです。しかもバランスも考えて配合されているので、私が余計な心配をする必要はなし。

 

もちろんサプリだけに頼らず、自分自身も食生活の見直しにもつとめましたが、それだけではなかなか完全ではないだけに、不足分をサプリが補ってくれると思えば気がラクに。

 

白髪に特化した栄養素って意外に毎日の食事では取り入れにくいものも多いので、私はサプリで食生活をサポートして貰えてよかったなって思ってます。

 

興味のある方は、黒フサ習慣を詳しく紹介した口コミがありますのでよかったら参考にしてみてくださいね。

 

>>1粒に白髪に必要な栄養がぎっしり詰まったサプリの口コミ